前乗せチャイルドシート付き子供乗せ自転車ナンバー1!2019年モデルのビッケポーラーe

bikke POLAR e
カテゴリー

2019年モデルビッケーポーラーeレビュー

ワタクシ一押しの前乗せチャイルドシート付電動アシスト子供乗せ自転車のブリヂストンのビッケポーラーe。

イチオシモデルなのに、2019年モデルについてまだ記事を書いていませんでした・・・。

個人的には、ギュットクルームよりも、PASキスミニよりもビッケポーラーeをオススメさせていただいてます。

今日は、どうしてビッケポーラーeがオススメなのかをどんどん書いてみようと思います。

ビッケポーラーeの主な仕様

ビッケポーラーeはフロントチャイルドシート標準装備の前後20インチタイヤの電動アシスト子供乗せ自転車。

15.4Ahのバッテリーを搭載。

購入当初は標準モードで約63km、強モードで約56km、エコモードで約78kmの走行距離となっています。

ハンドルロックは右ハンドルにあるレバー操作でロックを開閉するテモトデロックIIを採用。

ブリヂストンの2019年モデルの後ろ乗せチャイルドシート搭載モデル(ビッケモブdd、ビッケグリdd、ハイディー2)は全て両輪駆動(デュアルドライブ)タイプですが、ビッケポーラーeは両輪駆動ではなく、ペダル付近にあるシングルモーターのタイプです。

前輪にモーターが付くと、前輪部分の重量がかなり重くなってしまうのですが、ビッケポーラーeは前輪にモーターがついていないので、駐輪場などでの取り回しがしやすくなっています。

カラーはホワイト、ブルーグレー、ダークグレー、ソフトカーキ、レトログレージュ、レトロレッド、レトロブルーの7色。

本体のカラーによってフロントチャイルドシートについてくるクッションカバーの色が異なります。

ビッケポーラーeの一番のオススメポイントは、広々としたフロントチャイルドシート

ビッケポーラーeの一番のオススメポイントは、広々とした、使い勝手のいいスマートシート(フロントチャイルドシート)です。

ヤマハのPAS KISS mini unのように乗せ降ろしの手間がかからず、簡単にお子さんをフロントチャイルドシートに乗せることができます。

パナソニックのギュットクルームのフロントシートはすっきりしすぎて無防備な感じですが、ビッケポーラーeは程よく足元が守られています。

ビッケポーラーeのフロントチャイルドシートは他の子供乗せ自転車より長く乗ることができる

PASキスミニアンとギュットクルームのフロントチャイルドシート使用の目安が1歳~3歳となっているのに対し、ビッケポーラーeのフロントチャイルドシート使用の目安は1歳~4歳未満となっています。

チャイルドシートが広いので、他社の製品と比べると少し長めにフロントチャイルドシートを使うことができます。

そんなに広めのチャイルドシートなのに、子供が小さい時は使い勝手が悪いのでは?と思われるかもしれませんが、心配ご無用。

小さなお子さんが安定して乗ることができるようにメッシュ素材の黒いインナークッションが標準で装備されています。

お子さんが小さい時はこのインナークッションを敷いて座らせてあげれば問題なし。

大きくなったらインナークッションを外して前乗せすれば、フロントチャイルドシートを長く使用することができます。

シートベルトの調整もボタンを押しながら簡単に調整することができます。

PAS KISS mini unとギュットクルームは脚を前に出すような感じで座ることになります。

フットレストは動かないので、お子さんが大きくなってきたら少しひざを曲げて座ることになります。

ビッケポーラーeのフロントチャイルドシートはヘッドレストとフットレストの位置をワンタッチで5段階まで調整できます。

お子さんが大きくなってきたらフットレストを下の方にずらせば、椅子に座るような感じで脚を下に出すことができます。

PAS KISS mini unとギュットクルームは横長に広がっている形状なので、お子さんが乗っていないときにフロントチャイルドシートに荷物を入れるのにはあまり適さない形状をしています。

ビッケポーラーeはフッドレストをワンタッチで収納すればフロントバスケットとしても使いやすい形状になっています。

広々チャイルドシートで長くフロントチャイルドシートが使用でき、お子さんの乗せ降ろしが簡単で、シートベルトの操作も簡単で、フロントバスケットとしても使いやすい形状。

こんな理由で、個人的にベスト1のフロントチャイルドシート付子供乗せ自転車となっております。

2019年モデルのビッケポーラーeの豊富なオプション

ビッケポーラーeには豊富なオプションが揃っています。使い勝手はよく、トータルコーディネートもバッチリなので、純正タイプを選んでおけば、まず安心です。

ビッケポーラーe用リヤチャイルドシート

ビッケポーラーeのリヤキャリアは一般的な自転車と比べると少し小さめに設計されています。
ビッケポーラーeには専用のチャイルドシートしか取り付けることができませんので注意が必要です。

またリヤチャイルドシートはシートクッションが別売りになっていますので、こちらもあわせて購入する必要があります。

ビッケポーラーe用のレインカバー

ビッケポーラーeのレインカバーはベルトとマジックテープで簡単に着脱ができるタイプとなっています。しっかりした構造で、とても使い勝手がよいレインカバーです。

カラーバリエーションはダークグレーとライトブルーの2色展開。

ビッケポーラーe用フロントリヤ兼用バスケット おおきいバスケット

お子さんが一人で前にお子さんを乗せている時に取り付けることができるリヤ用バスケット。
カラーはホワイト、ダークグレー、ライトブルーの3色展開。

このおおきいバスケットはビッケポーラーeではフロントリヤ兼用バスケットとなっていて、お子さんがフロントチャイルドシートに乗らなくなったら、フロントバスケットとして付け替えて使用することができます。

フロントバスケットとして使用する際には、別売りの取付用ブラケットが必要になります。

お子さんが小さい時は、前乗せチャイルドシート標準装備のビッケポーラーeがオススメ

最近は後ろ乗せチャイルドシート付の電動アシスト自転車を購入して、別売りのハンドルに引っ掛けて取り付けるタイプのフロントチャイルドシートをつけてお子さんを乗せる方が増えています。

今回ご紹介したビッケポーラーeのフロントチャイルドシートと、ハンドルに引っ掛けるタイプのフロントチャイルドシートでは、チャイルドシートの広さも、高さも、使い勝手も、運転のしやすさも全く異なります。

また、小さいうちからお子さんを後ろ乗せすると、お子さんの様子が見えなかったり、まだ、お子さんが幼く、親の言うことの理解がまだうまくできず、危険が伴う場合があります。

ビッケポーラーeでしたら、前乗せ時の乗せ降ろしがしやすく、お子さんの様子をしっかり見ることができます。

チャイルドシート自体も広いので、年の近いお子さんを前後に乗せるときなどにも使いやすくなっています。

小さいお子さんを子供乗せ自転車に乗せる際は、ぜひビッケポーラーeを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました