ギュットミニ Gyutto mini パナソニック 

ギュットミニ・ギュットミニDX・ギュットアニーズ

ギュットミニ Gyutto mini てどうなの?

20インチのパナソニックの3人乗り対応子供乗せ電動アシスト自転車パナソニックGyutto miniギュットミニ(BE-ENM035)
コンパクトで低重心タイプのフレームに大容量の8Ahのリチウムイオン電池を搭載しているので坂道が多い地域も、長距離の移動も安心です。
低重心タイプなので、ふらつきにくく、小回りもききやすい。
子供乗り下ろしも行いやすい高さとなっています。

パナソニック ギュットミニ Gyutto mini BE-ENM035

20インチのコンパクト低重心タイプの子供乗せ自転車
  • 前後20インチの小径タイヤを採用しているので、小柄なママも安心して乗ることができます。 26型と比べて車輪の高さが150mmも下がるため、子供の乗せ降ろしがとてもらくになります。低重心なので安定感もUPします。
8.9Ahの大容量リチウムイオンバッテリー搭載
  • 8.9Ahの大容量リチウムイオンバッテリー搭載なので、坂道の多い地域や長距離の移動もOK。
豊富なカラーバリエーション
  • アクティブホワイト,グロッシーピンク,グラマラスパープル,ロイヤルレッドの4色。ギュットミニDXとは違ったラインナップです。

ハンドルロックにはスタピタを採用

  • スタンドを立てるとハンドルロックがかかるスタピタを採用しているので、子供の乗降時にハンドルがぐらつかず安心です。

タイヤが小さいので26インチタイプのギュット(Gyutto)が1こぎで5.3m進むのに対し、20インチタイプのギュットミニGyutto miniは1こぎで4.7mしか進みません。
ギア制御のおかげで、体感的にはあまり差が無いように感じると思いますが、26インチタイプよりもペダルをこぐ必要があります。
26インチより20インチの方がタイヤの回転数が増えるので、タイヤの摩耗が早く進むことになります。
ギュットミニはパンクガードマンプラスタイヤを採用で対応しています。
パンクガードマンプラスタイヤは特殊合成シートを内層し、パンクしにくいので、お子さんを乗せても安心です。太めのタイヤを採用しているので(タイヤ幅(1-3/4wo))、安定して走ることができます。

タイヤサイズ 適正身長 シフト段数 型番 重量 サドル最低
地上高
カラー
前20後20 142cm以上 3段 BE-ENM035 32.3kg 74cm アクティブホワイト,
グロッシーピンク,
グラマラスパープル, ロイヤルレッド
タイトルとURLをコピーしました