Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/productmania/www/kodomonose/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/productmania/www/kodomonose/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/productmania/www/kodomonose/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
今人気のスイートレインカバーDスタイルのスゴイところを中の人に聞いてきました。 | 子供乗せ自転車人気売れ筋ランキング-子供乗せ自転車の選び方-子供乗せドットコム

今人気のスイートレインカバーDスタイルのスゴイところを中の人に聞いてきました。

チャイルドシートレインカバー

先日の埼玉サイクルエキスポで、大久保製作所さんのスイートレインカバー(スウィートレインカバー・スィートレインカバー)Dスタイルの説明を聞かせていただいたので、レビューをしたいと思います。

スイートレインカバーDスタイルとは?


大久保製作所/MARUTO(マルト) 商品型番:D-5FD
フロントかご部分がチャイルドシートになっているヘッドレスト付きの前乗せチャイルドシートに対応。
(後付けのハンドルに引っ掛けるタイプの前子乗せには対応していません)


大久保製作所/MARUTO(マルト) 商品型番:D-5RD
ヘッドレスト付きのチャイルドシートに取り付け可能。
ヘッドレスト分離型・一体型のどちらにも使用できます。

スイートレインカバーDスタイルの特徴

スペース調整プレートで天井高アップ

スイートレインカバーの一番の特徴は、チャイルドシートレインカバー内の天井の高さを変えることができるスペース調整プレートの存在です。

多くのチャイルドシートレインカバーは天井の高さを固定するために、お子さんの成長に関係なく、ヘッドレストの高さを一番上にして使用します。

スイートレインカバーDスタイルでは、まずスペース調整プレートのベース部分(基本プレート)をヘッドレストにベルトで固定します。
(キッスミニやギュットアニーズのようなヘッドレスト一体型のチャイルドシートの場合は、シートベルトの肩用の穴にベルトを通して通して固定します)

このベース部分と調整プレートのマジックテープをあわせて、天井の高さを決めます。
だから、お子さんの身長に合わせたヘッドレストの高さのまま、天井のスペースを最大15cm確保できるのです。

子供が乗っていないときは、簡単に天井の高さを下げられる

チャイルドシートレインカバーの天井が高くなると、お子さんの快適度はアップしますが、自転車を運転するママの視界は少しさえぎられます。
小柄なママだと、背の高いレインカバーが取り付けられると前方が見えにくくなります。

マルトのスイートレインカバーDスタイルでは、お子さんを乗せていないときは、スペース調整プレートの取り付け位置を変えることで、簡単に天井の高さをヘッドレストの高さまで低くすることができます。

前乗せタイプの場合だと、お子さんが乗っていないときにレインカバーの高さを低くすることで、前方が見えやすくなり、運転しやすくなります。

また、2段式駐輪場など、高さ制限のある駐輪場に子供乗せ自転車を置くときも、簡単にレインカバーの高さを低くすることができるのは便利です。

ワイヤーを入りのレインカバーや、ヘッドレストに天井をあげるためのアダプターがついているタイプなどでは、お子さんが乗っていないときだけ、レインカバーの天井を低くするのは難しいので、スイートレインカバーDスタイルはとても便利だと思います。

子どもの様子が見える

レインカバーの中には、天井部分が布地で作られているため、お子さんの姿が見えない商品があります。
天井部分がビニール地になっているレインカバーだと、お子さんの姿を見ることはできるのですが、直射日光などが気になります。

マルトのスイートレインカバーDスタイルは天井部分はビニール地と黒いメッシュ地の2重構造になっています。
運転しているパパやママからはお子さんの様子を見ることができますし、黒いメッシュ地が直射日光からお子さんを守ってくれます。

使いやすいデザイン・設計

  • フルオープンできる前窓は、開けたらボタンで留めるだけ。巻き取ってマジックテープ付きのベルトで留める必要がないので、とっても便利。
  • 後ろ部分にはポケット付き。以外に収納力のあるサイズのポケットがついています。
  • 後ろ部分のファスナーを開けることで、さらに風通しアップ。
  • 左側全開で乗せ降ろしも楽々。

 

大久保製作所(マルト)って?

大久保製作所(マルト)さんと言えば、チャイルドシートレインカバーの先駆け的な存在。

このレインカバーと比べると、スイートレインカバーDスタイルは、めちゃくちゃ進化しましたね。
(このレインカバーは現在格安で販売中。お安いので、雨の日もしかしたら自転車に乗るかも・・・というご家庭にオススメ)

サイクルエキスポの大久保製作所さんのブースでは、チャイルドシートレインカバーに関する自社検査を行っている様子が展示されていました。

防水性生地の耐水度試験や、有害物質分析試験(素材に含まれる鉛やカドミウムなどの特定有害物質が多く含まれていいないか)など、しっかりと行われているようでした。
説明をお聞きして、安心して購入できると思いました。
(大久保製作所さん、親切に教えていただき、ありがとうございました)

スイートレインカバーDスタイルのカラーは、
カラーはブルー/グレー、ピンク/グレー、グリーン/グレー、パープル/グレー、ブラック(黒)の5色。
(黒は限定カラーのようです)

幼稚園や保育園の入園準備にあわせて購入しておくと、いざ雨が降った時に便利です。
スイートレインカバーDスタイルは、ママにもお子さんにも使いやすい工夫がいっぱい施されたチャイルドシートレインカバーです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました