Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/productmania/www/kodomonose/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/productmania/www/kodomonose/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/productmania/www/kodomonose/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
今人気のカスタム電動アシスト子供乗せ自転車について調べてみました。 | 子供乗せ自転車人気売れ筋ランキング-子供乗せ自転車の選び方-子供乗せドットコム

今人気のカスタム電動アシスト子供乗せ自転車について調べてみました。

子供乗せ自転車に関する情報

子供乗せ自転車のカスタムに注目が集まっています。

子供乗せ自転車カスタム人気の理由

子供乗せ自転車のカスタムが注目されるのには、理由があります。

やっぱり第一は、おしゃれな自転車に乗りたいから。
自転車はパーツを少し変えるだけで、おしゃれ度やオリジナル度がアップします。
テリーサドルや籐風バスケット、カラータイヤなどを取り入れて、ステキな子供乗せ自転車に乗りたいママはたくさんいるのではないでしょうか。(ご家庭の予算にもよりますが・・・)

同じ年頃のお子さんが集まる、幼稚園や保育園、公園にはたくさんの子供乗せ自転車が駐輪場に集結します。
全く同型、同色の自転車が数台ある・・・ということもあり、自転車を探すのに苦労される方もいるようです。

子供乗せ自転車のカスタムは、おしゃれはもちろんですが、自転車を探すのにも便利だったりするのです。

カスタムの先駆け。ブリヂストンのビッケシリーズ

ブリヂストンのビッケシリーズではシートクッションが別売りで、好きなカラーや柄のシートクッションを取り付けることができます。

グリップやサドルカバーもチェンジすれば、カスタム度はさらにアップします。

期間限定パナソニックギュットミニEX カラーオーダー

パナソニックでは期間限定(5/8~7/31)でギュットミニEXのカラーオーダーを行っています。
ギュットミニEX カラーオーダー

シートクッションは3パターンの中から、フレームカラーは15色の中から選ぶことができ、全45パターンの中からオリジナルの1台を購入することができます。

ギュットカラーシミュレーションサイトで色を選んで、オーダーシートを印刷。
お近くのパナソニックの自転車販売店にそのオーダーシートを持っていき、注文します。
注文後2~3週間で手に入れることができるそうです。

20Ahの大容量バッテリー搭載のギュットミニEXはそのままでも十分スゴイ電動アシスト子供乗せ自転車なのに、カラーオーダーすれば、最強の一台になりますね。

カスタム電動アシスト子供乗せ自転車ピックアップ

今日は以前より子供乗せ自転車のカスタム商品の取り扱いをされている、e−ハクセン楽天市場支店のカスタム電動アシスト子供乗せ自転車をピックアップしてみようと思います。

上の画像を見ていただければ、カスタム子供乗せ自転車の魅力は一目でわかっていただけると思います。

カスタム電動アシスト子供乗せ自転車、購入前に知っておきたいこと

電動アシスト子供乗せ自転車のカスタムでは購入前に頭に入れておいてほしいことがいくつかあります。

メーカーの保険適応にならないかも・・・。

純正パーツでないパーツを使用している場合、購入時についてくるメーカーの保険の適応にならない可能性があります。

カラータイヤについて

大手メーカーの電動アシスト子供乗せ自転車の純正のタイヤはパンクに強い、極厚耐摩のしっかりしたタイヤを使用しています。
電動アシスト自転車本体+3人乗りした場合、約100kgが2つのタイヤにかかるので、しっかりしたタイヤが必要になるのです。

カラータイヤにすると、純正のタイヤよりは強度は落ちると思われます。
タイヤの溝の減りも早いかもしれません。

また、もし、パンクなどでタイヤ交換が必要になった場合、どういう対応をしたいのかも重要になります。

一般的に後ろのタイヤの方が早く消耗するので、後ろのタイヤだけ交換する必要があることが多いです。
最初についていたカラータイヤと同じものを近所の自転車屋さんが用意できるとは限りません。

その場合、
・後ろのタイヤだけ、近所の自転車屋さんにある純正の黒タイヤにする。
(前後で違うカラーのタイヤを付けて乗る)
・ネットで同じタイヤを自分で取り寄せて、近所の自転車屋さんにタイヤを持ち込んで修理してもらう。
(タイヤの手配に時間がかかり、自転車に乗れない期間ができてしまう)
・お金はかなりかかるけど、前後とも純正の黒タイヤに交換してしまう。
・パンクする前に、事前にカスタム時のカラータイヤと同じものを用意して家に保管しておき、交換が必要な場合は自転車屋に持ち込む。

などが考えられます。
もしもの場合になる前に、考えておきたいところです。

子供乗せ電動アシスト自転車のおしゃれカスタムにはお金と自己責任がついてきます(笑)。

満足の一台を購入できるように、いろいろな点からチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました