2019年モデル PAS kiss mini un/PAS kiss mini un SP パスキッスミニアン/キッスミニアンSP(ヤマハ)レビュー

PAS Kiss mini[パスキッスミニ]

今日はヤマハの前乗せチャイルドシート標準装備の電動アシスト子供乗せ自転車のパスキッスミニアンのレビューを書いてみようと思います。

PAS kiss mini un(パスキッスミニアン)は前輪後輪20インチの低重心タイプの電動アシスト子供乗せ自転車です。

後ろに別売りのリヤチャイルドシートを取り付ければ、3人乗り自転車として使用することができます。

バッテリ容量

PAS kiss mini unが12.3Ah
標準モード49km/強モード40km/エコモード60km

PAS kiss mini un SPが15.4Ah
標準モード61km/強モード50km/エコモード75km

PAS kiss mini un SPは子供乗せ自転車の中ではトップクラスのバッテリー容量。

大容量バッテリーは次の充電までの間隔をあけることができるので、忙しいママにピッタリだと思います。

カテゴリー

PAS kiss mini unのメリット

kiss mini unコクーンルームPAS kiss mini unの一番の特徴はすっぽりとお子さんを守るコクーンルームというフロントチャイルドシートです。

お子さんをしっかりとカバーするコクーンルームは、冬の寒さや、万が一の衝突の衝撃などからお子さんを守ってくれます。

こんなに覆われて、夏は暑くないの?と心配される方もいるかもしれませんが、コクーンルームは密閉されているわけではありません。

コクーンルームの足元には空気の通り道がしっかりあります。

むしろ直射日光からお子さんをガードしてくれます。

PAS kiss mini unはブリヂストンのビッケポーラーeやパナソニックのギュットクルームなどと比べると自転車の全長が短いのもポイント。

全長が短いので小柄なママでもスタンドまで足が届きやすく、駐輪場などでの取り回しもしやすくなっています。

ハンドルロックは、スタンドを立てるとハンドルロックがかかる、スタンド連動式ハンドルストッパーを採用。

ハンドルロックのかけ忘れや解除忘れの心配がなく便利です。

ハンドルの軸の真上にチャイルドシートが来ているので、運転操作がしやすく、お子さんの様子も見ることができます。

コクーンルームはお子さんが前方に足を出すような形で座るので、やんちゃなお子さんでもチャイルドシート内で立ち上がったりするのは難しいと思います。

他社の製品と比べるとお安いのも魅力。

ギュットクルームやビッケポーラーeと比べると、価格はお安め。

リヤチャイルドシートなどのオプションパーツも他社と比べると低価格で購入することができるので、トータルコストはブリヂストン、パナソニック、ヤマハの3社の中では一番安く抑えられるかもしれません。

PAS kiss mini unのデメリット

コクーンルームはお子さんを守ってくれるのですが、その形状上、デメリットもあります。

 ・お子さんの乗せ降ろしの手間が少し面倒。

コクーンルームはフロント部分の外側ロックを解除して、その後グリップバー付近にある内側ロックを解除して、はじめてオープンすることができます。

コクーンルームを開けてからお子さんを乗せて、その後コクーンルームを閉めるという手間が発生してしまいます。

急いでいるからといって、コクーンルームを開けっぱなしで走行することもできません。

PASキッスミニアンでお出かけする際は、時間に余裕を持っていただければと思います。

・フットレストが動かないので、お子さんの身体が大きくなると前乗せできない。

ブリヂストンのビッケポーラーeは、フットレストの位置が調整できるので、お子さんが大きくなったら足元部分を伸ばすことができるのですが、PASキッスミニアンのクルームシートは足元部分を伸ばすことはできません。

お子さんが成長してくると窮屈に感じてきますので、早めに後ろ乗せに移行する必要があります。

・チャイルドシートがサドル側に少しせり出している。

コクーンルームのヘッドレストは若干運転する人の方にせり出しています。

PASキッスミニアンは全長も短いので、運転する人によっては少し窮屈に感じるかもしれません。

背の高いパパと共用するようでしたら、ぜひ事前に試乗して、確認をされることをおすすめします。

・シートベルトの長さ調整は他社と比べると少し面倒。

ギュットクルームやビッケポーラーeはワンタッチでシートベルトの長さ調整ができるのですが、PASキッスミニアンにはそのような機能はついていません。

・コクーンルームをフロントバスケットとして使うのは少し難しい。

コクーンルームは特殊な形状をしているので、お子さんを乗せていないときに前かごの代わりとして使うのには、荷物が入れにくいため、あまり適していません。

コクーンルームは使用しなくなったら別売りオプションの専用バスケットに早めに付け替えることをおすすめします。

 

・キッスミニアンのコクーンルームには専用のフロントレインカバーしか使えない。

コクーンルームはお子さんの乗せ降ろしの際、コクーンルームの開閉が必要になるので、専用のレインカバーでないと使用することができません。

専用のレインカバーは屋根の部分がジャバラになっていて、開閉部分と分離できるようになっています。

汎用タイプは使用が難しいと思いますので、購入されないよう、注意してください。

 

PAS kiss mini un(キッスミニアン)はこんな方におすすめ

お子さんの安全が第一で、コクーンルームでお子さんを守ってあげたくて、お子さんの乗せ降ろしの手間をいとわない方。

自転車の全長が短いので取り回しがしやすく、スタンドにも足が届きやすいので、小柄なママにオススメ。

価格重視の方にもオススメ。
ブリヂストンのビッケポーラーeやパナソニックギュットクルームにもろもろのオプションを加えた場合、トータルコストはキッズミニアンが一番低く抑えることができます。

PAS kiss mini un(キッスミニアン)の購入を検討されている方は、ぜひ、コクーンルーム操作と、サイズ感(運転する人が窮屈でないか?お子さんがコクーンルームに座って窮屈でないか?)を試乗して確認してから購入されることをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました